さいたま市保育所等における医療的ケア児の受入れ等に関するガイドライン策定 2021年10月運用開始

さいたま市保育所等における医療的ケア児の受入れ等に関するガイドライン策定 2021年10月運用開始子育てサポート
子育てサポート
スポンサーリンク

2021年10月1日、令和4年4月入園のための「保育施設利用のてびき」の配布が開始されたさいたま市。

それに合わせて「さいたま市保育所等における医療的ケア児の受入れ等に関するガイドライン」が策定・運用開始されています。

さっそく確認したので、速報としてお知らせします。

スポンサーリンク

「さいたま市保育所等における医療的ケア児の受入れ等に関するガイドライン」とは

医療的ケア児及びその家族が安心して保育所等を利用し、保育所等において安全な受入れを実施するために、入所までの流れや必要書類、関係機関との連携、緊急時の対応等について、基本的な考え方や留意事項を示した、「さいたま市保育所等における医療的ケア児の受入れ等に関するガイドライン」を策定しました。
医療的ケア児及びその家族の意思を最大限尊重し、個々の状況やニーズに応じた適切な支援を行うために、本ガイドラインを活用し、安心安全な受入れの実現に向け、保育所等とともに対応してまいります。

保育所等における医療的ケア児の受入れについて(さいたま市Webサイト)より

2016年、各地方公共団体において医療的ケア児が必要な支援を受けられるよう、保健、医療、障害福祉、保育、教育等の連携の推進をより一層図るよう努めるよう児童福祉法が改正されました。

また、2021年には「医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律」が公布・施行され、各地方公共団体は、医療的ケア児及びその家族に対する支援に係る施策を実施する責務を有すると規定されました。

今回のさいたま市のガイドライン策定はこういった流れによるものです。

スポンサーリンク

さいたま市保育所等 医療的ケアの内容・受入れ要件・施設は?

さいたま市保育所等での医療的ケアの内容・受入れ要件・施設を確認しました。

医療的ケアの内容

痰吸引(気管切開部からの吸引、口腔・鼻腔内吸引)、経管栄養(経鼻、胃瘻・腸瘻) 等
※受入れを実施している施設により、対応可能な医療的ケアが異なります。ケアの内容については、直接施設へご連絡ください。

医療的ケアは看護師、保健師又は助産師が行います。

受入れの要件
  • 満1歳から
  • 原則月~金、9:00~17:00の範囲内で保育を必要とする時間(子どもや保育所の状況により)

1.主治医より、集団保育可と判断されていること。
2.保育所等における受入れ体制が整えられていること。
3.日常的に保護者が行っている医療的ケアが確立し、安定した医療的ケアが行われていること。
4.病状や医療的ケアに関する情報を保護者と保育所で十分に共有できること。
5.必要に応じて受診同行や面談等で、主治医と連携を図ることができること。

※医療的ケア児の病状等により、受入れができない場合があります。

さいたま市での受入れ施設(2021年10月1日現在)
  • いちご南保育園(南区大谷口717)
  • いちごの花保育園(南区鹿手袋3-15-13)

受入れ施設ほか、今後変更になる可能性もあるので、お考えの方はさいたま市Webサイトの「保育所等における医療的ケア児の受入れについて」で最新情報をご確認ください。

スポンサーリンク

受入れ決定までの流れ

4月入所希望の場合は、通常の保育園申し込みと同じように10月に利用申し込みをし、1月末~2月頭に内定通知書が出されます。

申込みの前には各区支援課や保育施設に事前相談をし、申し込み後には施設長や看護師と面接をして子どもの状況や医療的ケアの詳細を確認したり、12月には体験保育を行い集団保育することができるか確認をするそうです。

その後、さいたま市で「育成支援制度適用委員会」が開催され、受入れ可否が検討されます。

スポンサーリンク

まとめ

子どもや家族を取り巻く環境がどんどん改善されてきていますね。

今回の「さいたま市保育所等における医療的ケア児の受入れ等に関するガイドライン」策定により、医療的ケアを必要とする子どもにもご家族にもさらに良い体制になるといいです・・・!

さいたま市の保活記事はこちらにまとめています

お気づきの点がありましたらコメントいただければ幸いです

タイトルとURLをコピーしました