アソブーン(ASOBooN)川口・オープン初日に突入!8時間耐久レポ

おでかけ&イベント
おでかけ&イベント
スポンサーリンク

埼玉県川口市に2022年4月25日にオープンしたボーネルンドプロデュース、関東最大級の屋内外あそび場「アソブーン(ASOBooN)」。

すごく気になっていた筆者、オープン初日に4歳の子どもと行ってきてしまいました。

なんと8時間滞在することに。そして子どもは生まれて4年9か月の中で一番体を動かした1日に・・・!

今回は、埼玉県川口市イイナパーク川口・川口ハイウェイオアシスの中にできた「屋内外遊び場アソブーン(ASOBooN)」にオープン初日に4歳児と突入してきたレポをお伝えします!

アソブーンの基本情報はこちらで!一番近い駐車場駐輪場も
スポンサーリンク

アソブーン(ASOBooN)初日は1時間前倒しオープン

プレオープンでは、午前中の整理券がすぐなくなった・屋外に行列した・入れなかった人もいたという前情報があったり、朝の情報番組で紹介されたりと、この注目施設アソブーン(ASOBooN)のオープン初日、月曜日と言えど混雑してるだろうと気合を入れてオープンの1時間前に一般道から車で到着。

駐車場については基本情報の記事に詳しく書きましたが、近めの駐車場に停めることができました。というか9時時点ではガラガラで停め放題でした(土日はさすがに混むんじゃないかと思いますが)。

新しい施設に吸い込まれていく親子連れたち。

消毒液がキュポラン!ベビーカーは受付前に(昼頃の画像)。

消毒・検温、誓約書的なものに保護者の氏名・電話番号を記入して、受付。

今日は平日、時間無制限で親子1組1,500円、前払いです。

無料ロッカーの鍵がついたホルダーを首から下げることが入館の証となります。

使えるキャッシュレス

普通に通されました。「あれ、10時からじゃなかったでしたっけ?」

今日はオープン日で9時からなんですよ~とのこと。みなさんこの情報ご存じだったからこんな早く来てたのかな。

Twitter・Instagramで発信されてたー!まさかの「アソブーン」の文言なし。

行かれる方はぜひ公式Twitter公式Instagramのフォローを。混雑状況も発信されています。

スポンサーリンク

いよいよアソブーン(ASOBooN)突入!

いよいよアソブーン(ASOBooN)突入!オープンしたてのきれいな室内。全面採光で明るく、イイナパークの池や緑の芝生広場が目の前に広がり、室内にいる感じがしません。

4歳児だけでなく筆者もワクワクが止まりません!帰路につくのが8時間後とは知らずに・・・

4歳児、まずはボールプール付き複合遊具へ。

複合遊具で遊ぶだけじゃなくボールプールに飛び込んだり泳いだり埋まったり、壁面も歩けるようになっていて高いところからジャンプしたり、9時からテンションMAXな4歳児。

筆者もボールプールに埋められたり壁面をのぼったり。子どもがいると自分も子ども時代を追体験することができて楽しいですよね。

あとは屋内遊び場でよく見かけるこれ。回転でもみくちゃになりながらきゃーきゃー楽しんでいました。

お気に入りの場所でひたすら遊んでいましたが、他にこんなゾーンが。三輪車サーキットにはいろんな形の三輪車が。

川口の鋳物で作られたマンホールのふたや調理器具を叩くなどして音の違いを確認するコーナー。川口市出身の音楽家が監修とのこと。やわらかい音が室内に響いていて素敵な雰囲気を作っています。

体を大きく動かす系ではないゾーンも充実しているので、小さい子やおだやかに遊びたい気分の子にも。

平日のためか、やはり小さいお子さんが多かったです。テンションが上がった4歳児の親としては、小さい子にぶつからないかが心配で常に気を配る必要がありました。

もっと小さいお子さんは平和なエリアで遊ぶことができます。小さなボールプールやいろんな遊具があるので十分楽しんで遊べそうです。

食べ物はNGですが、飲み物は奥の方のエリアで飲むことができます。

4歳児も持参したお茶をがぶ飲みしてすぐなくなってしまいましたが、自販機もこのエリアの近くにあるのでたくさん遊んでも安心です。

カウンター状の席にはコンセントもあるので便利そうです。(この席の長時間の利用は控えるようにとあり、また親と子が遊ぶための場所なので、子どもを放牧してテレワークという利用方法が推奨されているわけではありません)

スポンサーリンク

屋外で砂・水・泥遊びも!これがアソブーンならでは

ようやくお気に入りの場所から離れて全体を見出す4歳児、屋外ゾーンを発見!

レバーを回すと水流が起こって船が動く遊び。これもハマって長時間。

そして子ども大好き砂場!

井戸のような水が出る装置。バケツやじょうろ、型抜きなどの道具や塩ビパイプもそろっていて、ただの砂場ではない、ダイナミックな砂・水・泥遊びがし放題です!

砂遊びに突入すると長時間になると思い、ごはん・アイスタイムを提案するものの拒否。さっそくプレイリーダーさんが作っていた塩ビパイプの水路の終着地に夢中で池を掘り出す4歳児。

この池を他の子に壊されたくないと、ますますごはん・アイスタイムを渋る・・・。ランチタイムで他の子もいなくなったため「急いでご飯を食べてまた戻る」に同意。ここまで3時間半全力で遊び通し、ようやく休憩に。

アソブーンは屋内の遊び場ですが、正式には「屋内外遊び場」。この屋外ゾーンが、他の屋内遊び場にはないアソブーンの特長だと思いました。

この日27℃となった川口。暑いものの風が抜けて、目の前にはイイナパークの緑の芝生が広がりすごく気持ちが良かったです。荒川の治水や川口の植木とも絡められていて工夫のある空間でした。

屋内の遊び場だからと思わず、ぜひ着替え+汚れてもいい服装で!「濡れたら着替えがない」「服が汚れる」を気にせず子どもに全力で遊んでもらいたいです。

スポンサーリンク

ようやく休憩・一時退場もソフトクリーム・涙・鼻血

一時退場・再入場は、平日のみ可能。

ロッカーの中身をすべて出して、受付でロッカーキー付きのホルダーを返します。中のレシートはまた入場に必要になるので、なくさないよう要注意です。

子どもを残しての退場は不可

休憩場所については川口ハイウェイオアシスの記事に詳しく書きましたが、アソブーンの隣の屋内や、イイナパークを一望できるテラスなどがあります。

が、そこまで座席は多くありません(コロナのせいか)。土日だと混んじゃう予感。土日祝は「2.5時間制再入場不可」で途中の好きな時間でランチタイムにはできませんが、ランチタイムをずらせるならずらした方が良さそうな感じでした。

気候が良ければイイナパークまで降りてシートを敷いて食べる選択肢も。

アソブーンを出た目の前の建物が「ハイウェイオアシスの食堂・カフェ・売店ゾーン」。さすがオープン初日、12時半時点で売り切れ続出。

川口ハイウェイオアシスの食堂・カフェ・売店のおすすめメニュー・グッズは!?

そして、3時間半全力で遊び続けた4歳児、明らかに疲れと眠気で機嫌が悪くなっている・・・ソフトクリームなら食べるというので、川口ハイウェイオアシスの新名物となっているコーヒー牛乳ソフトクリームを。

しかし、溶けてたれてきたソフトクリームを筆者がうっかり吸ってしまったことで「なんでたべるのおおおおおもういらないいいいい」と大爆発・・・!

掘った池が壊されるからもう戻ると怒り泣き出し、なんとか抱っこして戻った途端、鼻血を大噴出(鼻血出しやすいんです・・・)。

プレイリーダーさんにトイレットペーパーを一巻きいただけないか声をかけたところ、ティッシュ・ウエットタオル・ゴミ袋・冷却材まで出していただいてしまいました。

なかなか止まらない鼻血を抑えてる間がクールダウンタイムとなったのか、止まったときにはすっかり機嫌も直り、なぜだか疲労も全回復したようで、またボールプールに飛び込んでいきました・・・(砂場はもうよくなったらしい)

スポンサーリンク

これだけ楽しいのはプレイリーダーさんたちの力によるもの

ソフトクリームしか食べていないのが心配で声をかけるもののやっぱりランチは拒否で遊び続ける4歳児。

午後も相変わらず体を動かす系ゾーンにいたのですが、こんなに長く飽きずに遊び続けられているのも、各コーナーについているピンクのシャツのプレイリーダーさんたちがサポートしてくれているおかげ。

各コーナーで楽しく遊べるように声をかけてくれたり、移動できる遊具を定期的にいろんな場所に置いたり組み替えたり、自ら楽しそうなことをして子どもも「自分もやってみたい」と思えるようなヒントをくれたり、時には手荒く遊んでくれたり(子どもって激しめに遊んでくれるお兄さん大好きですよね)。

障害物ジャンプ!

子どもに自由に遊んでいいよ、と言っても初めて見るものはどう楽しめばいいかよくわからなかったり。親も同様だし、そもそも親がこうやってみたら?と提案したことって子どもにとっては面白くないんですよね。

プレイリーダーさんのおかげで子ども自身が楽しい遊び方に気づき、どんどん遊びが広がっていきます。

大きいブロックを高く積んでいるプレイリーダーさんに遭遇。自分もやりたいと踏み台を作りながら高く積み、できた!という達成感と、最後にそれを崩す楽しさも。

いつの間にか置かれてたり組み替えられたりしている遊具。障害物として飛んだり跳ねたりくぐったり、子どもが自身が動かしてみるきっかけにも。

プレイリーダーさんたちは、若いお兄さんお姉さんからお母さん・おばあちゃん世代の方までいて、関わり方はそれぞれ。時間で場所を入れ替わっているので、声掛けも遊び方も同じにはなりません。

4歳児もプレイリーダーさんたちに遊んでもらってうれしくて、何人もの方に自ら声をかけていました。

スポンサーリンク

ついにギブアップ・食事・帰路へ

そうして全力で遊び続けていたものの、次第にまた機嫌が悪くなる4歳児。明らかに疲れているのに「まだ遊ぶ、疲れてない」と怒るものの、ついに16:15「もうかえる!!」とギブアップ、ようやく退場へ。

入場して7時間、ソフトクリーム鼻血タイムを除けば丸々6時間全力で体を動かして遊び続けていました・・・

夕方になってちょっとはすいた売店で冷凍チョコバナナ・唐揚げ・ポテトの夕方ランチをとり、機嫌も回復。

ようやく帰路についたのは、到着から8時間後の17時すぎとなりました。

ありがとう、アソブーン!

実はうちの4歳児かなりのインドア派で(それはそれで個性なのでいいんですが)、保育園でそれなりに運動したり、公園に行ったら行ったでそれなりに遊ぶし、体を動かすことが嫌いというわけじゃないけど、もうちょっと全力で体を動かす機会もほしいと思っていました。

まさかこんなに1日中体を動かし続けることができるとは。生まれてからの4年9か月で一番体を動かした一日になりました。

さすがボーネルンド・・・!

親子1組1500円で、回数券や年間パスポートはないので毎週のようには来れないけど、定期的に来る遊び場の一つに決定しました。

スポンサーリンク

アソブーン(ASOBooN)初日まさかの混雑なしだったが土日や大型連休は混雑が予想される

混雑覚悟で初日に突入したものの、行列していたり、遊びにくかったりというほどの混雑はありませんでした。

お昼前くらいが一番混んでいた感じはありますが、遊びにくいほどではなく。受付待ちの数組の並びは見かけましたが、外までの行列もなく。

このコロナ禍で宣伝も控えているのかもしれませんし、混雑を予想して初日を避けた方も多かったのかもしれません。

しかし初日とあって、テレビカメラが複数台入っていました。これからアソブーンのオープンが報じられると、土日や大型連休、子どもの休み期間などはやはり混雑することが予想されます。

建物の前にはこのような赤テープが用意されていたので、ここに並ぶものと思われます。

子どもを連れて行列したり、入れなくて癇癪を起こした子どもをなだめたりは大変ですよね・・・。休日の受付方法、電話確認したので基本情報の記事に追記しました!


アソブーンでも4歳児が夢中に!毎年完売らしいですよ。今のうちに!

おすすめの記事

ディズニーは新品フルだと100万円!?しまじろうのおうち英語教材と比較体験談!
気が重いひらがなの読み方練習、はずれない人気の4選比較しました
ひらがな、うちは結局こどもちゃれんじに任せました。ぶっちゃけます
活動休止中の松浦亜弥・あややが配信番組登場!無料で聴けますよ!筆者泣きました・・・
ハリーポッター20周年記念同窓会番組!大人になってる・・・予告編貼りました↓
スポンサーリンク

まとめ

今回は、埼玉県川口市イイナパーク川口・川口ハイウェイオアシスの中にできた「屋内外遊び場アソブーン(ASOBooN)」にオープン初日に4歳児と突入してきたレポをお伝えしました。

長丁場で疲れたものの、普段はインドア派の子どもが全力で体を動かして楽しんでくれて親としても良い一日でしたし、筆者自身も楽しかったです。

初日ということで川口のキャラクター・キュポランが登場し、こんなものを配布していました。

川口の勢いは止まりません!

>>さいファミ!トップページで最新記事や今の季節のおすすめ記事を見てみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さいファミ運営をフォローする
さいファミ!さいたま市ファミリーのためのWEBメディア

お気づきの点がありましたらコメントいただければ幸いです

タイトルとURLをコピーしました