【桜草公園(桜区)】特別天然記念物サクラソウ自生地・武蔵野線鉄道橋・水門 ゆったりピクニックや原っぱ遊びに穴場の公園

おでかけ&イベント
おでかけ&イベント
スポンサーリンク

荒川沿いには、ファミリーで楽しめる公園が並んでいます。
その中でも今回は、桜区(西浦和駅が最寄り)の、特別天然記念物サクラソウ自生地・武蔵野線鉄道橋・水門がある、ゆったりピクニックや原っぱ遊びにおすすめの「桜草公園」をご紹介します!

スポンサーリンク

「桜草公園」のアクセス・詳細

施設名桜草公園さくらそうこうえん
住所さいたま市桜区田島3542−1
アクセス「西大宮駅」徒歩23分
「浦和駅」から国際興業バス志木駅東口行き「さくら草公園」下車徒歩2分
駐車場あり
スポンサーリンク

「桜草公園」とは

桜草公園案内板

桜区にある、鴨川合流地点の荒川河川敷にある公園です(案内板画像は南北逆です)。

ポイント

  • 広い原っぱ
  • 特別天然記念物「田島ヶ原サクラソウ自生地」
  • 武蔵野線、貨物列車
  • 2つの水門(鴨川の荒川への合流)
スポンサーリンク

「桜草公園」はバーベキュー禁止で遊具もない、だからこそ穴場

荒川河川敷のBIGな公園、秋ヶ瀬公園と彩湖にはさまれた、小さめな桜草公園。

バーベキュー禁止で遊具もありません。だからこそ穴場感アリです!

バーベキューのにぎやかな雰囲気や声はなく、混みあってもおらず、いつも落ち着いた空気が流れています。
ゆったりピクニックをしたい、子どもを原っぱで遊ばせたいという時におすすめです。

桜草公園原っぱ
桜草公園原っぱ
桜草公園原っぱ

行ったときは散りかけでしたが、桜も多く植えられています。
原っぱだけでなく木も多いので、日差しを避けることができます。

スポンサーリンク

「桜草公園」の田島ヶ原サクラソウ自生地

そもそも公園の名前になっている「サクラソウ」って?

サクラソウ科の多年草で、環境省レッドリストでは準絶滅危惧種とされています。(中略)現在までに多様な品種が栽培されていますが、その多くが荒川流域のサクラソウ野生種を元に作られています。

さいたま市教育委員会「田島ヶ原サクラソウ自生地」パンフレットより

ここ桜草公園には、サクラソウが自生している「田島ケ原サクラソウ自生地」があり、この自生地自体が国指定特別天然記念物になっています!

このサクラソウ、さいたま市の花(+桜区の花)、埼玉県の花にもなっています。

サクラソウ看板
サクラソウ看板
桜草公園のサクラソウ自生地
桜草公園のサクラソウ自生地
桜草公園のサクラソウ自生地
桜草公園のサクラソウ自生地

あれ、数年前行ったときはもっと咲いていたような^^;

文化財紹介 田島ケ原サクラソウ自生地(さいたま市Webサイト)

スポンサーリンク

「桜草公園」の武蔵野線鉄道橋

桜草公園の原っぱ

すぐ脇を荒川を渡る武蔵野線の鉄道橋が通っているので、ガタンガタン・・・という音が公園中に響きます。
のどかですが、音が気になる方もいるかもしれません。

武蔵野線はよく貨物列車も走っているので、貨物列車大好きな子どもも大喜びです。

スポンサーリンク

「桜草公園」の2つの水門

桜草公園の水門
昭和水門
桜草公園の水門
さくらそう水門

桶川市から発し、上尾市、さいたま市を流れ、ここで荒川に合流する鴨川。

桜草公園の近くには2つの水門があり、荒川の水位が上昇した時にはゲートを閉じて鴨川への逆流を防ぎ、堤防の役割を果たします。
また、「サクラソウ自生地の冠水頻度を以前と同じ割合にする」という役割もあります。

川の流れ大好きな筆者は、またゆっくり川と水門を見に行きたいです。

荒川を知ろう―水門(荒川上流河川事務所公式サイト)

スポンサーリンク

毎年4月の第3土・日曜日はさくら草まつり

毎年サクラソウの開花に合わせ、4月の第3土・日曜日にはさくら草まつりが開催されます!(2021年はコロナで中止となっています。)

模擬店やステージショーなどが行われるので、再開されたらぜひ・・・!

スポンサーリンク

まとめ

あえて、混んでいる「秋ヶ瀬公園」「荒川彩湖公園」を避けて、桜草公園でゆったりピクニックをすることもお勧めですよ!

\近くに十割蕎麦が美味しいスーパー銭湯がありますよ!/

 

お気づきの点がありましたらコメントいただければ幸いです

タイトルとURLをコピーしました