【与野公園、大規模リニューアル予定】駐車場不足解消!早ければ2023年度オープンか!?素敵な遊具広場、カフェもできちゃうかも!

おでかけ&イベント
おでかけ&イベント
スポンサーリンク

さいたま市民なら誰でも知っている、バラ園で有名な「与野公園」。

2021年7月5日、さいたま市公式サイトでリニューアル予定が公開されていました!!

スポンサーリンク

「与野公園」とは

バラ園で有名な「与野公園」。
バラ園だけでなく、公園内には遊具や小山、神社、池、木々もあり、充実した公園です。

近隣からも遠くからも来園者がいる有名な公園ですが、駐車場は40台程度しかなく休日はいつも混雑しています。

与野公園のバラ園
バラ園
与野公園内の神社
神社
与野公園の園内
緑が気持ちいい公園内
スポンサーリンク

「与野公園」今後どうなる!?

2019年、さいたま市は民間事業者の意見・アイディアを求める市場調査を行いました。

参考:さいたま市内21公園及び与野中央公園(複合スポーツ施設エリア等)の公民連携事業に関するサウンディング市場調査について(さいたま市Webサイト)

それを踏まえ与野公園の具体的な事業方針が定められ、今回2021年度、公民連携事業の公募条件・内容等を具体化するために市場調査が実施されます。

参考:さいたま市内2公園(与野公園等)の公民連携事業に関するサウンディング市場調査について(さいたま市Webサイト)

このサイトに掲載されていた情報を見ていきます。

現状の問題点

さいたま市から事業者に向けた資料では、以下の課題が挙げられています。

①本園の魅力を高める休憩施設の充実
本園の魅力であるバラや桜と親和性の高い飲食施設や屋内休憩施設などの憩いの場がないため、魅力を活かしきれていない。

②公園施設の老朽化に伴い増加する維持管理費の縮減
本園内のトイレや遊具等の公園施設は平成5年に設置され、今後老朽化が進み更新等が必要。また、少子高齢化の進行や地方公共団体の財政状況が厳しくなる中、バラ園を含めた維持管理コストの縮減が求められている。
なお、バラ園南側の大型遊具は老朽化のため既に撤去している。

③駐車場の混雑の解消
本園内には2箇所の駐車場があるが、休日にはともに満車となり、隣接する道路において、駐車待ちの自動車による⻑蛇の列ができている。そのため、駐車場の混雑の解消に向けた対策が求められている。

与野公園におけるPark-PFI等公⺠連携事業⽅針(さいたま市WebサイトPDF)

リニューアル内容

同資料では、「必要な機能や公園施設」として以下があげられています。

  • カフェやレストランなどの飲食施設
  • くつろぎの空間や交流スペース(デッキテラス、ベンチ・野外卓、芝生広場など)
  • 駐車場や遊戯施設など(現有機能の強化)
与野公園リニューアル内容

汚い図ですが、神社の土地は対象外とし、それ以外がリニューアルの対象です。
特に、老朽化により遊具が撤去され寂しくなった南側に、魅力的な遊具の整備や、バラ園を見渡せるカフェなどの整備が想定されています。
さらに買収された新たな土地が公園として追加になるよう。

さいたま市による図は、与野公園におけるPark-PFI等公⺠連携事業⽅針(さいたま市WebサイトPDF)をご覧ください。

なお、現時点の民間事業者向けの参考資料であり、確定している内容ではありません。

与野公園の南側
遊具が撤去され寂しくなった南側

今後のスケジュール

今はまだ市場調査の段階で、今後事業者が公募・選定されます。

スケジュールによると2022年度設計・工事、2023年度~事業開始となっていましたが、それなりに広い与野公園、そんなに早く工事完了するのか・・・?

今後動きがあったらまた記事を更新したいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

近くの与野中央公園も完全体となる計画があり、ますます与野が魅力的になっちゃいますね。

続報に期待します!

 

お気づきの点がありましたらコメントいただければ幸いです

タイトルとURLをコピーしました