【さいたま市民が職場復帰前に登録しておくべきサポートまとめ】育休明け突然の”その時”に備える!把握しておくといいサポートも

子育てサポート
子育てサポート

保育園が決まった方は職場復帰への準備を進めているかと思います。
育休が明け、職場復帰後の子どもの体調不良、夫婦ともに休めない、回避できない残業、自分の入院・・・”その時”は突然やってきます!

さいたま市民が職場復帰前に登録しておくべきサポート、把握しておくといいサポートをまとめました。

以下、埼玉県の第3子以降に子どもが生まれた世帯に配布される「3キュー子育てチケット」を使うことができる事業も多いので、該当の方は積極的に使いましょう!

また、民間のサービスは勤務先の福利厚生として割引される可能性もあるので確認してみましょう。フリーランス・個人事業主の方も、フリーランス協会に割引券を申請することができます!

公的なサービスは標準の金額を記載していますが、ひとり親家庭、市民税非課税世帯は減額される場合があります。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、通常と対応が異なる可能性があります。公式サイトをご確認ください。

職場復帰前に登録しておくべきサポート

シッターイメージ

登録しておくべき地域のサポート

登録無料の地域のサポートです。利用には登録が必要なので、登録だけでもしておきましょう!地域のサポートは、ほぼボランティアとして支えてくださっている会員さんのおかげでリーズナブルでありがたいです。

さいたま市子育て緊急サポート

サポート会員が、病児・病後児の預かり、朝・夜間等の緊急時の預かり、宿泊を伴う児童の預かりなどをします。利用会員として会員登録が必要です。

  • 対象:0歳~小学6年生までの児童
  • 預かる場所:援助してくれる会員宅または利用会員宅
  • 費用:1,000円/時間(8:00~20:00)、1,200円/時間(左記以外の時間)、10,000円/1泊(18:00~翌朝9:00、食事代含む)

受付時間 月~日曜日7:00~20:00(年末年始を除く)

筆者も自身の入院時、お世話になりました!

さいたまファミリーサポートセンター

提供会員が、保育園等の開始時間までの預かり、保育園等終了後の預かり、送迎、その他子どもの預かりをします。依頼会員として会員登録が必要です。

子どもが軽度(治りかけ)の病気の場合も預かり可能と記載がありますが、このコロナ禍により、利用の前日または当日等に発熱や風邪症状がある場合は利用不可と追記がありました。

  • 対象:小学6年生までの児童
  • 預かる場所:援助してくれる会員宅
  • 費用:700円/時間(月~土曜日7:00~19:00)、800円/時間(日・祝休日および左記以外の時間)

受付時間 月~土曜日9:00~17:30(祝休日・年末年始を除く)

登録しておくべき民間のシッターマッチングサイト

入会金・年会費が無料の民間のシッターマッチングサイトも便利です。
(時間単位の利用料のほかに、紹介料や手数料、交通費等が発生することが大半なので、各サイトで確認してください)

キッズラインが有名ですね(ネガティブな報道もありましたが・・・)。利用には登録が必要なので、登録だけでもしておきましょう。

マッチングサイトによって、売りにしていることが異なりますし、同じサイトでもシッターによってスキルや経験、料金、対応可能な内容が異なります。家事も同時に行ってもらえる場合もあります。

近くにどんなシッターさんがいて、どのくらいの料金で、どんな内容を頼めるのか、一度閲覧すると良いと思います。

厚生労働省委託事業として「子どもの預かりサービスのマッチングサイトのガイドライン適合状況調査サイト」なるものがあります。
こちらの調査サイトから、マッチングサイトを探すと良さそうです。

有名なポピンズシッター(旧スマートシッター)はこの調査サイトには掲載されておらず(筆者はマッチングサイトだと認識しているのですが)、本ページの下の項目「民間のシッターサービス」のリンクに掲載されています。
同じく入会金・年会費無料なので、あわせてご覧いただくといいかと思います。

参考:ベビーシッターなどを利用するときの留意点(厚生労働省)

必ずしも職場復帰前に登録する必要はないが把握しておきたいサポート

シッターイメージ

必ずしも職場復帰前に登録しておく必要はありませんが、すぐに使うと思われるサービスがあれば調べておきましょう。

さいたま市の休日保育・病児保育

さいたま市には休日保育・病児保育の施設があります。しかし、定員が少なく家から近くなかったりと、頼りにくいことが多いです。
→このコロナ禍により在宅勤務が普及したため、家で病気の子どもを看ることができる方が増えたり、病児保育の利用控えがあったりと、これまでより予約が取りやすい可能性があります。

利用条件は確認しておき選択肢には入れつつも、ほかの選択肢も確保しておきましょう。

地域のサポート

さいたま市シルバー人材センター

地域の高齢の方が、掃除や食事作りなどの家事援助や、子どもの見守り・送迎などの育児支援をします。

  • 大宮事務所(西区・北区・大宮区・見沼区)048-667-1150
  • 与野事務所(中央区)048-852-8923
  • 浦和事務所(桜区・浦和区・南区・緑区)048-884-5111
  • 岩槻事務所(岩槻区)048-756-7790

受付時間:月~金曜日 8:30~17:15(祝休日・年末年始を除く)

以下、電話確認しました。

  • 事前登録等は必要ない
  • 利用の詳細が決まったら電話で相談、区ごとの担当職員に対応可能な会員を探してもらう(探す時間がかかるので、2週間程度前の連絡が望ましい)
  • 1時間1,000~1,200円程度(依頼内容により)

トワイライトステイ事業

子育て中の保護者が、夕方から夜間において、保護者の疾病、冠婚葬祭、子育てからのリフレッシュなどの理由により、一時的に保育が必要となった場合、子どもを預かります。
面談と事前登録(登録費1,000円)が必要です。

対象:1歳~小学3年生まで
時間:17:00~22:00(平日)
実施施設:あおぞらウィンクルム保育園(大宮区)、スターチャイルドみなみ保育園(南区)
費用:600円~1,200円/時間(年齢、時間により)、給食代450円(スターチャイルドみなみ保育園)

以下サイトには、スターチャイルドみなみ保育園の利用案内のみ掲載されていますが、あおぞらウィンクルム保育園は若干異なります(800円~1,200円/時間(年齢、時間により)、給食代150円or350円)。2021年2月電話確認しましたが、利用時にはお問い合わせください。

子どもショートステイ事業

子育て中の保護者が、疾病・介護などの理由により、一時的に子どもの養育が困難となった場合、市と契約した乳児院および児童養護施設で一定期間(原則7日間)預かります。

対象:小学生以下
費用:2歳未満児5,350円/日、2歳以上児2,750円/日

民間のシッターサービス(公益社団法人全国保育サービス協会加盟)

入会金や年会費が発生するシッターサービスです(会社によってはそれが必要ないビジター設定もあります)。
頻繁にシッターを使う可能性がある場合は、検討してもよさそうです。

様々なシッターサービスがありますが、公益社団法人全国保育サービス協会に加盟している会社を選べば安心です。

参考:ベビーシッターなどを利用するときの留意点(厚生労働省)

さいたま市に所在する民間のシッターサービス

さいたま市の子育て応援ブックに記載されている、さいたま市所在のシッターサービス会社は2社です。

その他の民間のシッターサービス

公益社団法人全国保育サービス協会の加盟会社リストから、「ご利用者対応エリア」が埼玉県やさいたま市となっている会社から探してみましょう。

病児保育の「認定NPO法人フローレンス」は特に有名ですね。

公営、民営の一時預かりも

公営・民営の一時預かりサービスも比較的リーズナブルです。筆者も利用したことがあります。

予約なしで使えるところもあります。いざというとき選択できるよう、自宅から行きやすい施設を確認しておきましょう。

後日、別の記事としてまとめたいと思います。

まとめ

子どもイメージ

久々の職場復帰、不安なことも多いですね。
いざという時頼れるところを確保して、不安を少しでも減らしておきましょう!

ファッションレンタルなら「エアクロ」

お気づきの点がありましたらコメントいただければ幸いです

タイトルとURLをコピーしました